2018年08月01日

歯医者の歯医者という仕事

地震、洪水、台風、猛暑、と日々天災が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
通常歯科医院のご予約というものは、交通機関が動かなくなるような状況ではキャンセルが多くなってしまいますが、
電車が止まってしまっても、皆様なんとか当院までお越し下さり、中には家の後ろが土砂崩れで半分埋まってしまった、という患者様までお越し下さいました。
「危険ですので、天災を伴う緊急時はご遠慮なくキャンセルしてくださいね」とお伝えいたしますが、皆様揃って「先生の予約の方が大切ですので。。。」と仰って下さいます。
頭が下がる想いで一杯でございますが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

さて、当院も開業して10年の時が経過致しましたが、県外国外という遠方の患者様だけではなく、最近では歯医者さんの患者様も増えて参りました。
中にはご自身のご家族までお連れくださる歯医者さんもおられます。
また、ご自身の難易度の高い患者様をセカンドオピニオンという形で、ご紹介くださるケースもございます。
お知り合いの先生だけではなく、全く存じ上げない先生まで当院にお越し頂き、本当に恐縮致しております。

皆様おっしゃるのが、当院の治療内容の写真です。
治療終了後の写真は、ドクターの技術というよりも歯科技工士の技術が高ければ綺麗に写ります。
でも治療の中身や、特に印象(型取り)の写真は歯科医師の技術力や丁寧さの全ての象徴です。

日本の一般的な歯科医院の平均診療人数30人という数字の中で、お一人貸切、一日5名限定、全てドクター対応にこだわり続けた当院でございますが、歯科治療の基本は「いかに丁寧に治療するのか」、これに尽きると思います。
最高の技術と知識を持ち合わせたとしても、短時間で焦りを伴う環境ではベストを尽くせません。
毎回、全ての患者様に私のできるベストを尽くすために、このような診療体系にこだわり続けて参りましたが、まさか「歯医者の歯医者」という仕事をさせて頂くことになるとは想像もしておりませんでした。
これからも私のできることは、日々私のベストを尽くすこと、スタッフ一同最善の治療を尽くせますように、今後とも精進していきたいと思います。
全ては患者様の本当の笑顔のために。。。

_R2_7961 (1).jpg
_DSC2874.jpg
_DSC3081.jpg
_DSC3083.jpg
_DSC2830.jpg
_DSC3515.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 12:52| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

KINOSHITA DENTAL OFFICE が目指す歯科医院について

当院も開業して10年の歳月が経過しました。
開業当初と今も変わらず、当院の信念は、「全ては患者様の本当の笑顔のために」この言葉に尽きるように思います。
数多くの歯科医院の中から当院を選んでくださった患者様が、お口の健康を通してより良い人生を歩んでくださるように、いつもそんな思いで診療にあたっております。
歯医者というと、どうしても「恐い」というイメージが強くあります。
嫌な音、消毒薬の匂い、マスクをして皆無愛想で、待合にも診療室にも沢山の人がいて、プライバシーもなく、恥ずかしい思いをするような空間が一般的な歯科医院のイメージかと思います。
それを全て取り除き、本当に患者様が本音で歯の悩みを打ち明け、こちらもそれを精一杯受け止め、現代歯科医療の最善の治療を私ができうる最高の丁寧さで治療したい、それが私がずっと目指してきたことです。
医療機関だからこそ清潔に越したことはないので、全ての器具道具の滅菌を徹底し、お手洗いもお一人ごとに掃除に入り、雨の日はお一人ごとに床掃除を致します。
恐怖感を取り除きリラックスして頂くために、院内の内装、インテリア、照明、音楽、アロマにこだわり、落ち着ける空間作りに力を入れています。
じっくりとカウンセリングし、治療もじっくりと丁寧に万全の準備を整えて治療したいので、お一人貸切にこだわっています。
もちろん確かな技術力の修練のため、継続的な研修会への参加もしております。
数えだしたらキリがないくらい、もし自分が患者だったらこうしてもらえると嬉しい、その全てを叶えるべく、医院の形を試行錯誤して参りました。
その全てのベースとなる考え方は、私が開業準備に追われていた10年前、ホスピタリティの勉強のために渡航した、「アマンリゾート」でした。
アマンリゾートとは、伝説のホテルマンエイドリアンゼッカがタイのプーケットに「アマンプリ」を開業したのが1988年。
以来、アマンは人里離れた森の中、世界遺産に寄り添う土地など、特別な場所にリゾートを展開し、洗練された建築やデザイン、その土地の文化や歴史、伝統を尊重したホスピタリティで世界中の人を魅了してきたホテルグループです。
当院の内装デザインは、タッププランニングの下妻隆志先生とカンボジアの「アマンサラ」をベースとして構想致しました。
サービスの考え方は、レストランカシータオーナー高橋滋先生にお供させて頂き、フィリピンの「アマンプロ」、ブータンの「アマンコラ」で体験した数々のホスピタリティをベースに考えております。
これからの新たな10年も、より良い治療、安心して治療を受けていただけるような環境、そしてフレッシュでフレンドリーな暖かみのあるご対応を目指し、日々精進していきたいと思います。
「全ては患者様の本当の笑顔のために」

_DSC4987.jpg
_DSC5125.jpg
_DSC5123.jpg



posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 20:04| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

再治療のない歯科治療を目指して

週が明け、当院受付のお花も新たに入れ替わり、気持ちの良いお天気が続いております。
当院を訪れて下さる患者様の多くのお悩みに、「治療した歯からまた悪くなる」「この前治療したばかりなのに、また取れてしまった、また虫歯になってしまった」というお声をたくさん頂きます。
これらの原因の多くは、治療時に歯に装着された詰め物や被せ物の適合に問題がある場合がほとんどです。
歯科治療の最大の特徴は、「歯には自然治癒能力がない」為、病変を除去して穴が空いてしまった部分は、何かしらの人工物で埋めたり、被せたりして元あった形態へと戻すという治療が必要になります。
この治療の際に、歯型を取り、歯科技工士さんにこの人工物の製作を依頼しますが、この歯型に問題があると、いかに腕のいい技工士さんに製作してもらっても、出来上がったものにエラーが起こり、お口の中に戻すと隙間があったり、ガタつきが生じます。
この隙間からまた細菌が侵入したり、歯ブラシを丁寧に行っても汚れがたまりやすい為、また新たな虫歯が発生します。
この治療した歯がまた虫歯になってしまう現象を「二次カリエス」と呼びます。
この二次カリエスをゼロにすべく、当院では虫歯の除去、歯の形成、型取りという一連の作業を全てマイクロスコープ下にて行っております。
また型取りの際には、歯と歯肉の境界が明瞭にわかり、歯科技工士さんが迷わず精密な作業がしやすいように、歯肉に糸を入れて歯肉圧排という作業を行い型取りしております。
これにより、連続性のある一筆書きのような、刃物でスパッと切ったような精密な型取りをすることができます。
この精密な型取りの為、当院は歯科材料の最高のパフォーマンスを発揮するために、院内の温度を一年を通して一定に保ち、全ての患者様に完全貸切診療にてじっくりと丁寧な治療を行っております。
安心できる再治療のない歯科治療を目指して。

_DSC4821.jpg
_DSC3479.jpg
_DSC4838.jpg
_DSC4832.jpg
_DSC4837.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 16:44| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

健康的な笑顔は人生をも変える。。

患者様をお迎えするお花と音楽が整い、落ち着いた時間が流れています。
当院には様々な歯のお悩みでお越しの患者様がおられますが、痛みや噛めないという内容とは別に、「自信を持って笑うことができない」、というお悩みも多く感じます。
歯の色や形、並びなどそのコンプレックスが故に、唇をこわばらせて笑ったり、手をあてがったり、あまり人の目を見て話すことができなかったり、とそのお悩みは歯以外のことにも及びます。
今回の患者様も、お顔の中心に位置する上の前歯の形や色にずっと悩んでおられ、あまり笑うことができなかったそうです。
マイクロスコープを駆使し、患者様のご要望を詳細にお聞きしながら、正確な仮歯でのテストを繰り返し、歯科技工士と共にその患者様の理想のイメージを共有し、笑顔を創造していきます。
治療が無事終了し思い描いた笑顔になっていただけると、鏡を持った瞬間パッと明るい笑顔になって頂き、次からお越しになられる度にお人柄まで明るくなられるように感じます。
人によっては服装やメイクもオシャレになっていかれ、新しいお仕事や趣味にもチャレンジされ、中には結婚が決まったとお喜びになって頂くこともあります。
歯の治療を通してその方の人生がより豊かに、より楽しいものになって頂く一助となればと日々精進しております。
最近あちこちの勉強会で名刺交換をさせて頂く機会が多くありますが、10年前の開業準備の際に作った私の名刺の真ん中には「with your life」の文字が刻まれています。

_DSC4725.jpg
_DSC3125.jpg
_DSC3865.jpg
_DSC3080.jpg
_DSC3914.jpg
sENZm.jpg
_DSC4732.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 15:42| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

居心地の良い空間づくりのために

歯科医院と言えば、切削器具の嫌な音、消毒薬の匂い、皆マスクをして怖そうに見える、プライバシー度の高い内容にもかかわらずオープンなスペース、と様々な歯科医院独特の当たり前の内容がありますが、そこには改善すべき点が沢山あります。
当院ではお一人貸切、全個室、すべてドクター対応にこだわり、患者様の居心地の良い空間作りに力を入れております。
院内の内装やインテリア、アロマの香りや音楽といった、患者様の五感すべてがリラックスして頂けるようなお時間を作りたいと願っております。
治療終了後には、「先生すみません!うっかり寝てしまってました!」と患者様に言っていただけることがよくありますが、当院にとっては何よりの褒め言葉です。
歯を削られたり、麻酔の注射をされたり、時には歯を抜かれるといった、かなりのストレスがかかる内容でも、患者様が寝息を立ててお休みになってくださっていることは、何より嬉しいことです。
本日は院内の音楽をまた新しく選曲し直しました。
様々なジャンルの音楽を試し、患者様がリラックスできつつ、私自身も最大の集中力で治療ができる音楽を常に探していますが、10年の試行錯誤の末、やはり基本のピアノに立ち返っているように思います。
選曲を新しくして早速患者様からもピアノの音色に癒されたとお喜びの声を頂くことができました。
また新たな気持ちで、日々の診療に精進したいと思います。

_DSC4180.jpg
_DSC4666.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 17:15| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

2018 〜今年のSAKURA〜

朝晩寒い日が続いていましたが、急に暖かくなり、気持ちの良い小春日和が続いております。
当院の丁度裏手にございます深田池公園の桜も満開を迎えております。
出会いと別れ、人生の門出の季節に咲く桜の花は、ほんの1週間くらいしか美しい姿は見れませんが、日本人の心にとって特別な存在かと思います。
学生時代お世話になった先輩に、「人生約80年、あと何回桜の花を見れるかわからない。その貴重な桜の花を毎年どんな気持ちで拝むことができるのか。希望を抱いて見るのか、それとも憂鬱な気持ちで見るのか、それはお前自身の生き方次第。日々懸命に生きなさい。」このような言葉を頂きました。
いつも冗談ばかり言ってニコニコしている先輩が、その瞬間とても熱く真面目に語ってくださったのを今も覚えています。
桜の花を見るたびにその言葉を思い出し、自分の今まで、そしてこれからの人生をいつも考えます。
当院も開業して10年の時が過ぎましたが、これからも懸命に、誠実に、より良い治療を目指して日々精進していきたいと思います。

_DSC3403.jpg
_DSC3442.jpg
_DSC3460.jpg
_DSC3505.jpg
_DSC3489.jpg
_DSC3529.jpg
_DSC3536.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:54| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

 Kiss FM 神戸にてラジオ収録して参りました 〜デンタルヘルスレポート〜

週が明けまた新たなお花が届き、患者様をお迎えするご準備ができました。
先日ラジオ収録のご依頼を頂き、KissFM神戸にて収録をして参りました。
デンタルヘルスレポートという番組で、歯科に関する様々な内容をお話しする番組です。
何分初めてのことばかりで緊張しましたが、ラジオ局の中も社会見学させて頂き、とても楽しい時間でした。
ディレクターの方やサウンドクリエーターの方と打ち合わせをし、「マイクロスコープ」に関する内容と、「入れ歯治療」に関する内容についてお話しさせて頂きました。
4月5日(木)、4月12日(木)の2週にわたって放送される予定で、放送時間は10:50〜10:55です。
もし宜しければ是非ご視聴くださいませ。

_DSC3153.jpg
_DSC0200.jpg
_DSC0143.jpg
IMG_0440.jpg
_DSC0188.jpg
_DSC0192.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 18:18| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

咬認定医コース、無事終了いたしました。

週が明け、また受付のお花が新たに入れ替わり、患者様をお迎えするご用意が整いました。
先週末は東京にて咬合認定医コースの最終回の勉強会でした。
約2年間毎月のように東京に通いましたが、最終回はドイツ式の口頭試問も体験し、充実した卒業式を迎えることができました。
講師の稲葉繁先生を筆頭に、インストラクターやスタッフの皆様に本当によくして頂き、「咬合」というものを深く勉強できた素晴らしい時間でした。
一緒に参加させて頂いた全国各地から集まられた先生方も、皆素晴らしい先生方で、お逢いする度に沢山の刺激を頂きました。
勉強させて頂いた知識や哲学、技術をもとに、また日々少しでも良い治療ができますよう精進して参りたいと思います。

_DSC3945.jpg
_DSC0066.jpg
_DSC3940.jpg
_DSC0134.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 11:52| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

全て手作り 〜All Hand Made〜 という考え方

昨今日本の伝統工芸や、工業技術の職人技の手作り技術の素晴らしさというものが、見直され、made in japanとして「ブランド」、「信頼」として考えられるようになってきました。
そのような背景の中で、昔から歯科治療というのはそもそも全て手作りで治療、製作されているものでした。
歯には自然治癒というメカニズムがないのが最大の特徴で、虫歯や歯周病で失った歯を修復するために、詰め物や被せ物、ブリッジ、入れ歯というものが人工の臓器として作り出されてきました。
その人工臓器の作り手が「歯科技工士」という存在です。
ミリではなくミクロン単位の歯科技工物を全て手作りで、ゼロから作り出します。
その技術の難しさがゆえ、技術継承も難しく、また労働環境の厳しさがゆえ、今では歯科技工士になりたいという新たな担い手も少なくなり、技工士学校の閉鎖や、免許をとっても歯科技工士として仕事をされないという、切迫した状況になってきているのも日本の歯科の現状です。
その打開策として、機械でスキャンしcadcam、3Dプリンターの技術で、全て機械の上で歯科技工物を作り出すという工業技術革新も目覚ましいものがありますが、
それでもやはりNASAですら機械の核となる大切な部品の最終仕上げは日本の金属職人の手作業で最後の微調整を行うように、「精度」をどこまでも追求すれば、全て手作りの手作業に勝るものはありません。
今回ご紹介するのは、精密に精密に作り出された「キャストパーシャルデンチャー」と呼ばれる、「部分入れ歯」です。
写真で見てすぐにご理解頂けると思いますが、非常に複雑な金属の薄く、細いパーツから成り立つ部分入れ歯です。
一見複雑すぎてこれが口の中に入るのか?と不思議に思いますが、維持や安定を計算し尽くし、全てが精密に決まると、染み込むように口の中に入っていきます。
患者様のご評価も、「入れていることを忘れてしまう」とおっしゃってくださる方も沢山おられます。
全ての作業を歯科医師も歯科技工士も全てマイクロスコープ下で、丁寧に丁寧に、精密に精密に時間をかけて製作したからこそ得られる結果です。
その為当院では、全て手作りにこだわり、一人貸し切り全てドクター対応にて、じっくりをお時間を頂き、精密かつ丁寧な治療を大切にしています。

_DSC3762.jpg
_DSC3161.jpg
_DSC3152.jpg
_DSC3289.jpg
_DSC3291.jpg
_DSC3727.jpg
_DSC3736.jpg


posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:00| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

たかが歯科治療、されど歯科治療

世間一般的なイメージとして、「歯医者」というと「歯」だけを治療していると思われがちかと思いますが、我々歯科界では「一口腔単位」という言葉があります。
歯だけではなくその方の口を通して全身的な健康を考えた治療を行おうとする考え方があります。
今回ご紹介する内容は、長年真面目に歯医者に通い、その患者様なりに虫歯にならないように様々なことに気をつけておられましたが、何度歯医者に通ってもまた別の部位が悪くなり、一向に治療のゴールが見えないというご相談で当院に来られた方です。
治療前の状態は全ての被せ物に大きな隙間があり、歯の根にも大きな病変がありました。
それら全てを一旦除去して、感染した部分を全て取り除き、歯の根の治療も行い、新たに適合の良い被せ物に交換しました。
全ての治療工程をマイクロスコープにて丁寧に精密に行いましたが、治療後の患者様から思わぬ感想を頂きました。
治療前はずっと血液検査の結果が思わしくなく、炎症反応が消えなかった。それが歯科治療が進むに従って検査の結果も改善し、体調もとても良くなってきた。
行った治療は歯科治療ではありますが、口の中から感染物質を丁寧に取り除けば、結果として全身的な健康につながることを改めて感じた治療内容でした。

_DSC3079 (1).jpg
_DSC6965 (1).jpg
_IntraOral_20140217174532.jpg
_DSC2261 (1).jpg
_IntraOral_2016112810174.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 09:38| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする