2016年04月28日

新たな相棒

先日東京にて参加してきた勉強会に刺激を受け、咬み合わせのことや、顎の関節のことをもっと勉強し、もっと正確に診断できるようにと、新たな機械を導入致しました。

咬合器(こうごうき)と呼ばれる物で、様々なメーカーから販売されており、それぞれの咬合器ごとにコンセプトや研究開発された先生の概念が少しずつ異なり、入れ歯治療に向いている物や、審美治療に向いているもの、噛み合わせの診断に向いているもの、などなどその用途は様々です。

現在に至るまでも、パナデント、SAM3、パナホビー、ストラトス、と様々なメーカーの物を、用途に合わせて使い分けてきましたが、今回新たにKAVO社のProtarという咬合器を導入致しました。

現在当院で使用している咬合器の一部です。

IMG_1936.jpg

今回導入したProtarは通常日本で販売されている物はevo7という機種までですが、今回は特別にPDRインサートという特殊な部品を組み込んだevo9というカスタム使用にバージョンアップして納品して頂きました。

こうして写真に撮影してみると、私の世代で言う所のガンダムのような状態で、男子だからこそワクワクするものを感じます。

_DSC0366.jpg
_DSC0368.jpg

肩の部分には顎の運動を正確に診断する為の角度調整が細かくできるパーツが組み込まれています。

_DSC0370.jpg
_DSC0377.jpg

調整できる部分が多すぎて、正確に使いこなすには、かなりの勉強も必要ですが、これが手足のように使えるようになれれば、患者様の噛み合わせや顎の動きを正確にトランスファーすることができます。

不思議な物で、自分が学びたいと思ったとたんに、噛み合わせが悪く、顎の位置が不安定であったり、顎の関節の調子の悪い患者様がこられ、早速この新たな相棒が活躍しそうです。

より良い診断と、より精密な治療の為、これからも日々勉強していきたいと思います。

全ては患者様の本当の笑顔の為に。。。

IMG_1885.jpg


posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 15:20| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

今年の桜

今年も桜の季節がやってきました。。。
日本人は皆そうだと思いますが、私は桜が大好きです。

DSC_0036.jpg
DSC_0045.jpg

学生時代から、桜の季節はあちこちへ出向き、ひたすら写真を撮って、その年その年に想いを巡らせていました。

寒い冬から、暖かな春の知らせと共に咲き始める桜、出逢いと別れの季節に咲くが故、色々な自分の人生の分岐点を思い出し、その薄いピンク色が何とも言えない柔らかな気持ちにさせてくれる「桜」

開業してからは、診療時間の合間を縫って、カメラを手に医院の裏手にある深田池公園に写真を撮りにいくのが、私なりのお花見です。
ほんの10分、15分ほどの時間ではありますが、自分のこころと向き合う柔らかな時間。。。

DSC_0012.jpg
DSC_014.jpg
DSC_0026.jpg
DSC_0014.jpg

今年は様々なことへチャレンジをし、自分自身を歯科医師として、経営者として、男として、人間として一歩成長させたいと思っています。

そんな想いを巡らせた、今年の桜。。。

また来年も「この一年よく頑張ったな。。。」と、美しい桜を愛でる時間を楽しみに、

一日一日をしっかりと歩いていきたいと思います。

_DSC9981.jpg
DSC_0003.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 10:00| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする