2016年06月18日

仮歯さんありがとう。。。

先日お越しになっていた患者様がとても印象的なことをおっしゃって下さいました。

遠方からのお越しの患者様で、総合的な治療計画で長期的なプランで頑張って下さっているのですが、
先日左下の奥歯の被せ物をお口の中にセットする治療の後、しばらくこちらの診療機器の道具が置いてあるテーブルの上をじーっと見て、小さな声で何かをつぶやいておられるようでした。

医療従事者の方なので、私はてっきり診療機器のことで何かご興味をもたれて観察されているのかと思い、

「いかがされましたか?何か気になる器具がありますか?」

とお伺いすると、

「いえいえ、器具の事ではなくて、その隣に置いてある今日まで私のお口に入っていた仮歯を見ていたんです。
私の口の中でよく頑張ってくれたので、仮歯さんありがとうってお礼を言ってたんです」

このようなことをおっしゃって下さいました。

その時の仮歯と、その後新たにセットしたセラミックとゴールドの被せ物です。

_DSC9445.jpg
_DSC9438.jpg
_DSC9439.jpg

この方は全体的な治療をされている方なので、この仮歯もかれこれ一年近くはお口の中で機能してくれていた歯です。
もともと入っていた仮歯も、最終的に入った被せ物も、私も歯科技工士も、少しでもよくなるように、すこしでも長くお口の中でより良く機能してくれるようにと、想いを込めて作った被せ物です。

それに対して、患者様がこのようなことを感じ、そして言って下さった事がとても印象的で、すぐに担当技工士にも連絡して、共に喜んでおりました。

我々の想いが少しでも届いたのかどうかは分かりませんが、少なくともこの患者様にとっては、この仮歯が一年間快適にお食事ができるお手伝いができたのではないかと思います。

お口の中というのはとても繊細で、ほんの少しの差が大きな差を生み、快適に食事ができる状態に戻すということは本当に難しいことではありますが、これからも一人でも多くこのような患者様が増えて頂けますよう、日々それぞれの担当技工士達と共に、精進していきたいと思います。

全ては患者様の本当の笑顔の為に。。。

IMG_1981.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 17:12| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

美の追求

先週末はまた東京に勉強会に行っておりました。
こうして東京へと通うようになってから半年近く経過しましたが、毎回参加する度に新たな学びがあり、またそこで御逢いする先生方とのご縁がつながり、とても有り難く思っております。

毎回前泊して一番乗りで研修室に登場し、一番前の砂被りで講義を受けますので、講師の稲葉先生から直接こうして指導を頂けることもあり、臨床経験50年の深いお話を聞くことができます。

IMG_2091.jpg

さて今回のテーマは「美の追求」でした。
つまり審美歯科についての講義だったのですが、現在の歯科における審美というと、歯の長さや角度、セラミックの透明感や形、などなど具体的な方法論がほとんどですが、今回は「美」とは何か、という概念的なとても深いお話でした。

「美とは他を意識して生まれるもの」

「色彩とは光があって生まれるもの」

「表面的な美と、内面的な美の調和が人間の美である」

と、一言一言が心に響く講義内容でした。

考古学的な観点からのお話や、過去の美術作品からのお話等、今までの歯科の勉強会では聞く事の無いようなお話ばかりで、とても楽しかったです。

また、今月末には次の講義がありますが、次回からは総義歯のテーマです。
この講義を聴く為に、この半年間基礎を固めてきましたので、技工士の森永さんと共に一生懸命学んできたいと思います。


IMG_1964.jpg


posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 20:11| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする