2016年07月22日

温故知新

先週末の連休は三日間の精密入れ歯のライブ研修でした。
実際の患者様に来て頂いて、我々の目の前で講義を踏まえながら入れ歯制作の全ての流れをデモンストレーションして下さるという研修でした。

非常に内容も深く、濃厚な3日間となりました。
シュトラックデンチャーというドイツ式の精密入れ歯製作の行程や概念を学ぶことができたのも素晴しかったのですが、特に講義の中で、私が開業してからのこの8年間取り組んできたBPS精密入れ歯治療の基本概念となる、イボクラデンチャーシステムの貴重な資料や使用する咬合器、そして開発者であられるシュライヒ先生の約40年前の貴重な治療映像を拝見することができました。

奇しくも講師の稲葉先生がドイツに留学され、シュライヒ先生からこのシステムを直接学ばれたのは私が生まれた年でした。
もう博物館入りするくらいの年代物の当時の咬合器と、シュライヒ先生ご自身が製作されたかなり貴重な入れ歯の写真です。

IMG_5314.jpg

8年前に私が別の研修会でBPSの講義を受けた時には、このBPSの歴史や開発者の概念等は詳しく語られることはありませんでした。
それが今になって回り回ってその原点を、しかも開発者から直接学ばれた先生からご指導頂けた事は、とても感動的でした。

そして更には現代の噛み合わせの源流となる概念や器具を創り上げられた、アルフレッドギージー先生の90年前の貴重な治療映像まで拝見することができました。
90年前の治療にも関わらず、使う道具や材料の進歩はあれど、行われている内容は現在の日本で行われている入れ歯制作行程より遥かにレベルが高い物で、まさに驚愕でした。

「古きを知り、新しきを学ぶ」

講義の中で講師の稲葉先生がふとつぶやかれたお言葉ですが、まさに私にとって温故知新を身を持って体験した瞬間となりました。

IMG_2667.jpg

3日間頭をフル回転させたので、とっても疲れましたが、この半年間僕をサポートし続けてくれた小西先生ともゆっくりとお食事を御一緒させて頂き、とても暖かい時間でした。

IMG_2641.jpg

学んできた事を日々の診療に落とし込むべく、帰ってきてからはバタバタと走り回っていますが、当院を訪れて下さる患者様の少しでもお役に立てますように、これからも日々精進していきたいと思います。

全ては患者様の本当の笑顔の為に。。。

IMG_1997.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 17:12| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

気持ちを変える入れ歯、、、人生を変える入れ歯

ここ数年、当院の精密入れ歯治療の患者様の年齢層が大きく変わってきました。
入れ歯と言えば高齢者のイメージが強くありますが、30代や40代の女性の入れ歯相談も増えてきました。

この年齢で総入れ歯を考えなければならないということは、それはもう幼少期から始まった虫歯や歯周病のトラブルかと思います。
その時々での色々な背景もあるかとは思いますが、歯科恐怖症のトラウマ、誰にも恥ずかしくて相談できない、勇気をだして歯医者さんに行っても「なぜこんなになるまで放っておいたんだ」と言われ辛い思いをした、一般的な歯科医院では治療してもらえない、診療室や待ち合い室で他の人に見られたり、お口の中の説明を聞かれるのも恥ずかしい、、、、

思い悩まれている内容は多岐に及びますが、当院にお越しになられる際にも、かなりの勇気を振り絞ってお越しになられます。
当院は精密入れ歯治療に力を入れているというだけではなく、お一人貸し切り診療という診療体系が故に、このような非常にデリケートな状況の患者様がお越しになられるのかと思います。

初診時はほとんどの方が辛かった想いを吐露されながら涙を流され、震えながら診療を受けて頂くような状況ではありますが、少しずつ信頼関係を築き、お口の中の状況も良くなって参りますと、次第に大きな変化を遂げていかれるのです。

_DSC0589.jpg
_DSC0590.jpg
_DSC0591.jpg

ただ見た目の状況がよくなった、食事がきちんと食べられるようになったというだけではなく、長年の悩みから開放され、誰とも目を合わせられないくらいのコンプレックスがなくなったという、心の変化を非常に大きく感じます。

お越しになられる際の服装やお化粧といった外見的な変化だけではなく、お話しになられる表情や視線、そして何よりその方から感じるオーラのようなものが、とても明るくなっていかれるのです。

お仕事を再スタートされたり、外食を避けて生活されていた方が、積極的に外でご友人とお食事を楽しまれるようになられたり、趣味や習い事を始められたりと、とても積極的な生活を始めていかれるのです。

気持ちを変える入れ歯というだけでなく、その方その方の人生がよりよいものへと充実していかれるような入れ歯、日々試行錯誤の連続ではありますが、初めてお越しになられた時の不安や悔し涙が、喜びや希望の笑顔に変えられますように、これからも精進を続けて行きたいと思います。

全ては患者様の本当の笑顔の為に。。。

IMG_1986.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 10:23| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

総義歯の真髄

先日、東京にて総義歯の研修会を受講してきました。

この半年間、今回の研修会を受ける為の準備として様々なことを学んできましたが、学んできた「点」が「線」となり、新たな発見がたくさんあって、とても楽しく充実した時間となりました。

今回は入れ歯専門技工士の森永さんと一緒に受講しましたが、共に今まで乗り越えてきたたくさんの難しい患者様のことを振り返り、こうしたらもっと良くなるのではと、様々な事を話し合いながら今回の研修を受けることができました。

テクニック的な事で学ぶ事もたくさん在りましたが、それよりも何か深い概念や哲学を学べた時間になりました。

どうしても我々歯科医師は技術屋であり、目先のテクニックや道具にこだわってしまいがちで、明日から今すぐ使えるノウハウを求めてしまいがちになりますが、この半年間学んだ事はそれよりももっと大切な、歯科医学という学問の哲学や歯科職人として必要な感性のようなものを学んだ気がしました。

今回も一番前の席に陣取って、講師の稲葉先生に質問をたくさんさせてもらってきました。

IMG_5164.jpg

IMG_5165.jpg

IMG_2521.jpg

正確に生体をトランスファーした身体の一部となるような総義歯、、、
たくさん学ばせて頂きました。

私は日々「入れた瞬間目を見開いて感動するような入れ歯」を目指して仕事をしています。
涙を流して喜んで下さった患者様もたくさんおられますが、来られる患者様も県外や海外からの方が増え、どんどん難易度が上がっているように思います。

一人でも多く心からのご満足を頂ける入れ歯を目指し、これからも頑張っていきたいと思います。

7月は3日間、みっちり入れ歯合宿の研修会です、さらに深い部分の総義歯の真髄に触れていきたいと思います。

IMG_1994.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 15:20| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする