2017年08月28日

快適な歯科医院作りのために

歯医者さんというのは独特の消毒薬の匂いがして、入った途端キュイーンと怖い音が聞こえてくる、皆マスクをしてなんだか怖そうという、非日常的な空間です。
「歯科恐怖症」という言葉があるくらいに、過去に恐い思いをされた方にとっては、非常に居心地の悪い空間です。
その為、当院では少しでも患者様に快適に過ごして頂けますように、歯科医院をイメージさせるものは極力患者様の目の届かないところに整理し、院内のインテリアやアロマも落ち着いた雰囲気のものをセレクトし、器具の音やスタッフの話し声、足音など、様々な角度から「快適な空間」を目指して日々準備しています。
定期的に院内のインテリアの交換を行っていますが、今回は本棚の配置換えも含め、院内の全てのインテリアの入れ替えを致しました。
本棚には建築や家具、文化、写真、美術、世界遺産、ファッションなど、私があちこちに出向いた際に少しずつ集めたものを置かせて頂いております。
少しでも患者様に安心して、落ち着いた気持ちで治療を受けて頂けますように、日々精進していきたいと思います。

_DSC1251.jpg
_DSC1840.jpg
_DSC1857.jpg
_DSC1320.jpg
_DSC1312.jpg
_DSC1338.jpg
_DSC1327.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 14:09| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

快適性を重視した精密部分入れ歯治療について

入れ歯治療において、患者様からのご要望として多いのが、「違和感の軽減」です。
違和感という言葉で一言で括ることはできますが、その中身は多岐に渡ります。
発音のしやすさ、舌先で触った感触、厚み、味、口唇の感触、呼吸の問題、などなど、患者様によって表現も様々ですし、その感度も全く異なります。
今回は上の前歯部の真ん中2本を失われた方の精密部分入れ歯治療のご紹介です。
違和感の軽減だけを考えれば、ブリッジ治療や、インプラント治療も選択肢に考えられますが、今回は隣の歯を削ったり外科処置をせずに部分入れ歯という方法で、極力違和感のないものを作って欲しいというご要望でした。
内側の厚みを紙のように極力薄くするために特別な金属を使用し、味の問題の改善のためにその金属を樹脂でコーティングした形で作成致しました。
完成までに患者様の詳細に渡るご要望をお聞きしながら、試着を重ね、入れ歯専門技工士とのコミュニケーションを重ねて作り上げていきます。
薄くすればするほどに強度の心配もあり、どこを薄くしてどこに厚みを持たせて強度を出すのか、材料は何が適しているのか、、、、と試行錯誤を繰り返した治療です。
最終的には患者様にも大変喜んで頂くことができました。
当院では患者様の様々なご要望にお答えする形で、その方その方に合わせたオーダーメイド入れ歯治療のご提案をしております。
一日5名限定、全てドクター対応、お一人貸切診療にて、じっくりと丁寧な治療を心がけております。

_DSC1217.jpg
_DSC1223.jpg
_DSC1213.jpg
_DSC1851.jpg
_DSC1856.jpg
_DSC1875.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 18:54| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

スマートフォンアプリを公開致しました

KINOSHITA DENTAL OFFICE のスマートフォンアプリを公開致しました。
当院の日々の診療活動や医院情報をいち早くお届け致します。
画面内からタップして電話することもできますので、ご予約の際にご利用ください。
また、次回予約日をアプリ内に保存できる機能もございますので、是非ご活用くださいませ。
AppleStoreなどの各アプリケーションストアで「木下歯科医院」と検索頂き、ダウンロードしてください。

_DSC11602.jpg
_DSC11592.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:07| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

精密歯科治療のための工夫について

当院では治療の精度の向上のため、様々な工夫を行なっております。
その一つとして院内の温度管理を徹底しております。
歯科治療はかなりの種類の材料や道具を使用して治療を行いますが、歯科理工学という材料の学問があるくらいに、それぞれの歯科材料には特徴があります。
その特徴を考慮に入れて、それぞれの材料道具を組み合わせて、より良い治療を目指していきます。
この歯科材料の一つの特徴として、温度によってそのスペックが大きく変わってしまうものがあります。
特に顕著に変化が現れるのが型取りの材料です。
暑いと早く固まってしまい、寒いとなかなか固まらないという状況が起こります。
そうなりますと季節によって型取りの精度が大きく変わってしまい、いくらマイクロスコープを使用して精密に歯を削っても、型取りの材料の精度が高くなければ意味がありません。
その為当院では、一年を通して歯科材料が最も安定してその材料の精度を引き出すことができる院内の温度を、徹底して守っております。
少し寒く感じる温度のため、長時間お座りになって頂く治療では真夏でもお膝掛けをお出ししております。
当院ではお一人貸切診療だからこそできる、治療精度の向上を常に目指しております。

_DSC0848.jpg
_DSC1122.jpg
_DSC0914.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 19:57| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする