2017年11月30日

カンボジア診療活動奮闘記 その2

カンボジア診療活動の第一日目の午前中は、25校目の学校の開校式に出席させて頂きましたが、午後からはKrorLanhShimaka小学校に移動して、実際の診療活動に参加して参りました。
診療活動に使用する歯科治療機器は、この15年間で少しずつ寄付の中で集められたもので、想像していたよりも様々な器具が揃っていました。
電気も水道もないため、発電機も持ち込んでの診療となります。
小学校に到着すると、既にたくさんの患者さんが行列を作って待たれていて、他の団員の方々も協力しあって診療活動に励まれていました。
当然のことながら電気がないため、暑さを避けて日陰や学校の校舎の中で診療したいところですが、太陽光だけが見えにくい口の中の光の頼りとなり、真夏の炎天下の中ではありますが、診療は全て屋外の日当たりの良いところになります。
風が吹けばホコリが舞い、想像以上に大量の汗が吹き出しました。
来られる患者様の口腔内もかなり激しく崩壊しており、抜歯などの外科処置が治療の中心で、感染や怪我のないように治療に集中することは、かなり体力を消耗しました。
途中団員の方々も熱中症で倒れてしまう方もおられる中、なんとか無事1日目を終えることができました。

IMG_5649.jpg
IMG_5625.jpg
IMG_5645.jpg
IMG_5638.jpg
IMG_5652.jpg
寄付によって少しずつ集められた診療機器
IMG_5478.jpg
電気がないため発電機も一緒に持ち込みます
IMG_5482.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 19:10| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

カンボジア診療活動奮戦記 その1

2017年11月17日〜23日の一週間、私はカンボジアにてボランティアの歯科診療活動に参加して参りました。
今回参加させて頂いたのは、『NPO法人カンボジアの健康および教育と地域を支援する会(SCHEC)』という団体です。

http://www.schec.org/about/index.html

歯科診療活動、井戸掘り事業、学校校舎建設の三本柱で活動されており、15年間で3000本の井戸、25校の学校を建設されたそうです。
これだけ長期的に継続活動され、そしてこれだけの功績を収めてこられたのは本当に素晴らしい事だと思います。
現地での活動1日目は、その記念すべき25校目の学校の開校記念式典の出席と、3000本目の井戸の完成記念式典への出席でした。
今回の活動拠点は世界遺産アンコールワットのある、シェムリアップという都市の農村地域です。
首都のプノンペンは近年急激な経済成長を遂げているようですが、まだまだ田舎の方の農村地域は電気や水道もなく、雨水が生活用水のため、少しでも公衆衛生向上のためと井戸掘り事業を行なっておられます。
また、ポルポト派軍事政権時代の爪痕で、十分な教育も行き届いていないため、学校建築活動にも力を入れておられます。
開校記念式典では子供達や村の皆様が日本とカンボジアの国旗をふって満面の笑顔で迎えてくださいました。
子供達の笑顔は万国共通で、彼らの未来が少しでも明るくなってくれればと胸が熱くなりました。
文房具を子供達に配らせて頂き、井戸掘り体験もさせて頂き、貴重な第一日目となりました。

25校目の学校開校記念式典
IMG_5506.jpg
IMG_5501.jpg
IMG_5546.jpg
IMG_5516 (1).jpg
IMG_5515.jpg
IMG_5574.jpg
子供達に文房具を配らせて頂く
IMG_5565.jpg
3000本目の井戸完成記念式典
IMG_5581.jpg
井戸掘り体験
IMG_5603.jpg
農村地域はまだまだ道路の整備も不十分な状態
IMG_5620.jpg
家も木造の手作りのような家が多い
IMG_5595.jpg
このカメに雨水を貯めて生活用水とされている
IMG_5591.jpg
IMG_5594.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 21:57| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

帰国のご報告

昨日関西空港に無事帰国して参りました。
一週間のお休みを頂き、カンボジアでのボランティア診療活動に参加して参りました。
小学校の開校式に参加させて頂いたり、水道も電気もない現地の小学校で、炎天下での診療活動など、沢山の貴重な体験をさせて頂きました。
かなり体力を消耗し体調を崩して帰って参りましたが、本日からまた心機一転日々の診療に戻らせて頂いております。
沢山の方々から応援のお言葉を頂戴し、無事活動を終えることができました。
またこれから少しずつ現地での活動報告をしていきたいと思います。

IMG_5640.jpg
IMG_5829.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 16:53| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

カンボジア国際支援に伴う休診のお知らせについて。

11月17日〜23日までの一週間、カンボジアにおけるボランティア活動の為、休診を頂きます。
歯科診療、井戸掘り、学校建築の活動に参加して参ります。
沢山の患者様から暖かい応援のお言葉を頂き、心より御礼申し上げます。
少しでもお役に立てますよう、頑張ってまります。
24日より通常通り診療いたしますので、何卒宜しくお願い致します。
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 23:50| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

マイクロスコープだからこそできること

当院では全ての修復治療をマイクロスコープ下(歯科用顕微鏡)にて行なっております。
単純に対象となる歯を大きく拡大して見ることができるのですが、肉眼治療とは異なりマイクロスコープを使用するからこそできることがあります。
一つは、「診断」です。
先日歯の根の治療の依頼でお越しになられた患者様がおられました。
奥歯の根の治療がうまくいかず、数件の歯科医院で再治療を繰り返しておられましたが、一向に症状が改善しないからなんとかして欲しいというご要望でした。
レントゲンや口腔内写真など基本的な検査を行い、実際の歯をマイクロスコープで確認しますと、、、単純に歯が割れていました。
かなり多くの破折線が入っており、恐らくもう粉々になっているのでは、、、という状況でした。
その状況の写真を患者様に見てもらいますと、すぐに納得して頂き、抜歯することになりました。
当院に来られるまでに、この患者様は数件の歯科医院でかなりの時間と労力をかけて、その歯を残したい一心で治療に通われたことと思いますが、
マイクロスコープで確認した写真を一枚見ただけで、その日に抜歯を決意してくださいました。
マイクロスコープを使用するからこそ残すことができる歯もありますが、マイクロスコープで診断したからこそすぐに抜歯の判断がつくこともあります。
その迅速な診断によって、無用な治療や患者様の時間的精神的苦痛を軽減することにも繋がります。
当院では全ての治療にマイクロスコープを使用し、じっくりと丁寧な治療、そして患者様にご納得頂ける治療を日々目指しております。

_DSC2106 (1).jpg
_DSC0914 (1).jpg
0000001081__IntraOral_20170915161814 (1).jpg
スクリーンショット 2017-11-11 16.46.12.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 11:26| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする