2018年03月31日

2018 〜今年のSAKURA〜

朝晩寒い日が続いていましたが、急に暖かくなり、気持ちの良い小春日和が続いております。
当院の丁度裏手にございます深田池公園の桜も満開を迎えております。
出会いと別れ、人生の門出の季節に咲く桜の花は、ほんの1週間くらいしか美しい姿は見れませんが、日本人の心にとって特別な存在かと思います。
学生時代お世話になった先輩に、「人生約80年、あと何回桜の花を見れるかわからない。その貴重な桜の花を毎年どんな気持ちで拝むことができるのか。希望を抱いて見るのか、それとも憂鬱な気持ちで見るのか、それはお前自身の生き方次第。日々懸命に生きなさい。」このような言葉を頂きました。
いつも冗談ばかり言ってニコニコしている先輩が、その瞬間とても熱く真面目に語ってくださったのを今も覚えています。
桜の花を見るたびにその言葉を思い出し、自分の今まで、そしてこれからの人生をいつも考えます。
当院も開業して10年の時が過ぎましたが、これからも懸命に、誠実に、より良い治療を目指して日々精進していきたいと思います。

_DSC3403.jpg
_DSC3442.jpg
_DSC3460.jpg
_DSC3505.jpg
_DSC3489.jpg
_DSC3529.jpg
_DSC3536.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:54| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

 Kiss FM 神戸にてラジオ収録して参りました 〜デンタルヘルスレポート〜

週が明けまた新たなお花が届き、患者様をお迎えするご準備ができました。
先日ラジオ収録のご依頼を頂き、KissFM神戸にて収録をして参りました。
デンタルヘルスレポートという番組で、歯科に関する様々な内容をお話しする番組です。
何分初めてのことばかりで緊張しましたが、ラジオ局の中も社会見学させて頂き、とても楽しい時間でした。
ディレクターの方やサウンドクリエーターの方と打ち合わせをし、「マイクロスコープ」に関する内容と、「入れ歯治療」に関する内容についてお話しさせて頂きました。
4月5日(木)、4月12日(木)の2週にわたって放送される予定で、放送時間は10:50〜10:55です。
もし宜しければ是非ご視聴くださいませ。

_DSC3153.jpg
_DSC0200.jpg
_DSC0143.jpg
IMG_0440.jpg
_DSC0188.jpg
_DSC0192.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 18:18| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

咬認定医コース、無事終了いたしました。

週が明け、また受付のお花が新たに入れ替わり、患者様をお迎えするご用意が整いました。
先週末は東京にて咬合認定医コースの最終回の勉強会でした。
約2年間毎月のように東京に通いましたが、最終回はドイツ式の口頭試問も体験し、充実した卒業式を迎えることができました。
講師の稲葉繁先生を筆頭に、インストラクターやスタッフの皆様に本当によくして頂き、「咬合」というものを深く勉強できた素晴らしい時間でした。
一緒に参加させて頂いた全国各地から集まられた先生方も、皆素晴らしい先生方で、お逢いする度に沢山の刺激を頂きました。
勉強させて頂いた知識や哲学、技術をもとに、また日々少しでも良い治療ができますよう精進して参りたいと思います。

_DSC3945.jpg
_DSC0066.jpg
_DSC3940.jpg
_DSC0134.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 11:52| 兵庫 | 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

全て手作り 〜All Hand Made〜 という考え方

昨今日本の伝統工芸や、工業技術の職人技の手作り技術の素晴らしさというものが、見直され、made in japanとして「ブランド」、「信頼」として考えられるようになってきました。
そのような背景の中で、昔から歯科治療というのはそもそも全て手作りで治療、製作されているものでした。
歯には自然治癒というメカニズムがないのが最大の特徴で、虫歯や歯周病で失った歯を修復するために、詰め物や被せ物、ブリッジ、入れ歯というものが人工の臓器として作り出されてきました。
その人工臓器の作り手が「歯科技工士」という存在です。
ミリではなくミクロン単位の歯科技工物を全て手作りで、ゼロから作り出します。
その技術の難しさがゆえ、技術継承も難しく、また労働環境の厳しさがゆえ、今では歯科技工士になりたいという新たな担い手も少なくなり、技工士学校の閉鎖や、免許をとっても歯科技工士として仕事をされないという、切迫した状況になってきているのも日本の歯科の現状です。
その打開策として、機械でスキャンしcadcam、3Dプリンターの技術で、全て機械の上で歯科技工物を作り出すという工業技術革新も目覚ましいものがありますが、
それでもやはりNASAですら機械の核となる大切な部品の最終仕上げは日本の金属職人の手作業で最後の微調整を行うように、「精度」をどこまでも追求すれば、全て手作りの手作業に勝るものはありません。
今回ご紹介するのは、精密に精密に作り出された「キャストパーシャルデンチャー」と呼ばれる、「部分入れ歯」です。
写真で見てすぐにご理解頂けると思いますが、非常に複雑な金属の薄く、細いパーツから成り立つ部分入れ歯です。
一見複雑すぎてこれが口の中に入るのか?と不思議に思いますが、維持や安定を計算し尽くし、全てが精密に決まると、染み込むように口の中に入っていきます。
患者様のご評価も、「入れていることを忘れてしまう」とおっしゃってくださる方も沢山おられます。
全ての作業を歯科医師も歯科技工士も全てマイクロスコープ下で、丁寧に丁寧に、精密に精密に時間をかけて製作したからこそ得られる結果です。
その為当院では、全て手作りにこだわり、一人貸し切り全てドクター対応にて、じっくりをお時間を頂き、精密かつ丁寧な治療を大切にしています。

_DSC3762.jpg
_DSC3161.jpg
_DSC3152.jpg
_DSC3289.jpg
_DSC3291.jpg
_DSC3727.jpg
_DSC3736.jpg


posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:00| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする