2018年02月26日

たかが歯科治療、されど歯科治療

世間一般的なイメージとして、「歯医者」というと「歯」だけを治療していると思われがちかと思いますが、我々歯科界では「一口腔単位」という言葉があります。
歯だけではなくその方の口を通して全身的な健康を考えた治療を行おうとする考え方があります。
今回ご紹介する内容は、長年真面目に歯医者に通い、その患者様なりに虫歯にならないように様々なことに気をつけておられましたが、何度歯医者に通ってもまた別の部位が悪くなり、一向に治療のゴールが見えないというご相談で当院に来られた方です。
治療前の状態は全ての被せ物に大きな隙間があり、歯の根にも大きな病変がありました。
それら全てを一旦除去して、感染した部分を全て取り除き、歯の根の治療も行い、新たに適合の良い被せ物に交換しました。
全ての治療工程をマイクロスコープにて丁寧に精密に行いましたが、治療後の患者様から思わぬ感想を頂きました。
治療前はずっと血液検査の結果が思わしくなく、炎症反応が消えなかった。それが歯科治療が進むに従って検査の結果も改善し、体調もとても良くなってきた。
行った治療は歯科治療ではありますが、口の中から感染物質を丁寧に取り除けば、結果として全身的な健康につながることを改めて感じた治療内容でした。

_DSC3079 (1).jpg
_DSC6965 (1).jpg
_IntraOral_20140217174532.jpg
_DSC2261 (1).jpg
_IntraOral_2016112810174.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 09:38| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする