2017年07月19日

マイクロスコープのトレーニング実習に参加致しました

先週末の連休に、山梨県で開催されたマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)のトレーニング実習に参加して参りました。
山梨県は関西からですとアクセスが難しく、往復14時間という長旅ではありましたが、二日間みっちりとマイクロスコープ治療の真髄に触れられたように思います。

脳外科や心臓外科、眼科領域では顕微鏡治療というのは当たり前に行われることではありますが、歯科領域では、口の中という外から見えにくい環境のものを顕微鏡で見ながら治療するというのは、それなりのテクニックが必要で、様々なトレーニングが必要となります。

帰ってきてから、早速日々の診療に取り入れ、より効率的に、より精度の高い診療を目指して励んでおります。

_DSC0716.jpg
DSC_0040.jpg
_DSC0715.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 17:44| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

精密入れ歯治療の型取りについて

当院で行なっている精密入れ歯治療において、一つの要となるのが、入れ歯の土台となる患者様の歯茎の型取りです。
入れ歯を作る上では型取りをして、その型に石膏を流し、固まった硬い模型の上で入れ歯を製作せねばなりません。
ですが、実際の患者様のお口の中の歯茎というものは、柔らかさも人それぞれ、喋ったり食べたり飲み込んだりするときに、唇や頬、舌と連動して歯茎の形も多種多様に変化します。
つまり入れ歯を製作する模型と、実際の患者様のお口の中は全く同条件にできません。
ここが我々歯科医師や歯科技工士が一番苦慮するポイントとなります。
この矛盾を少しでも取り除くことが精密入れ歯治療の重要項目となります。
その為当院では、患者様の歯茎の柔らかさや粘膜の動き、噛む力が加わった時の変形の仕方、唇や頬や舌の筋肉の動きをできるうる限り再現すべく、様々な型取りの器具や材料、テックニックを駆使して、その患者様ごとのベストの状態を模型に再現しています。

今回は、当院で使用している型取りの材料の一部、
DSC_0021.jpg

下の歯茎のリアルな形状を再現した型、
_DSC0455.jpg

歯の噛み合わせや審美的な見え方まで記録した上下の歯茎の型、
_DSC0631.jpg
_DSC0636.jpg

歯茎の型だけではなく頬や唇などの口の中の空間全てを再現した型の写真をご紹介致します。
_DSC0590.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 15:52| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

オーダーメイド歯科治療という考え方

日々当院にお越しになられる患者様のお悩みをお聞きしていると、いつも思うことがあります。
なぜ自分の歯がこうなってしまったのか、という十分な診査診断、そして十分な説明を受けておられない方がほとんどです。
当院では初めてお越しになられる初診の方には、2時間のお時間をお取りし、その患者様に必要な様々な検査をし、その結果をじっくりと時間をかけ、その方にご理解頂けるまでお伝え致します。
ほとんどの患者様がおっしゃることですが、「こんな説明は初めて聞いた」「なぜ自分の口の中がこんなことになってしまっているのか、やっと理解できた」と仰ってくださいます。
何軒もの歯科医院を渡り歩き、それでも治らなかった患者様には、それなりの理由というものがあります。
そして、その患者様ごとの想いというものがあります。
一般的な歯科治療は指標となる平均値を一つの基準として診断し、治療計画を立てていきますが、やはりなかなか治らず悩んでおられる方というのは、その基準となる平均値を逸脱しておられる場合が多く感じます。
またドクターとのコミュニケーション不足もかなり感じます。
その為当院では、全ての可能性や全ての治療方法、そのメリットデメリットをお伝えし、その方その方のご希望や想いに合わせて、オーダーメイドで治療計画を立てていきます。
それを実現する為、一日5名限定、お一人貸切、全てドクター対応をお約束しております。

_DSC0348.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 19:06| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

患者様の未来を共有するために。。。

歯科治療というのは、治療前治療後にどのような変化があるのかを、実際の患者様に正確に理解して頂くことが非常に難しいように思います。
似たようなお口の方の治療例をお見せしたり、アニメーションや、最近ではシュミレーションソフトのようなものも出てきてはいますが、
洋服や靴のように、実際に「試着」するという行為はできません。
前歯の形や色を変えたらどのようになるのか、あるいは初めて入れ歯を入れる方に治療前に入れ歯とはこういうものだと、実際に試着して頂くことはできません。
そこが我々歯科医療従事者が最大限努力しなければいけない説明事項のように思います。
試着ができれば一発で判断できることも、試着ができないからこそ分かりにくく、あらゆる資料や情報提供、こちらからの口頭での説明というものをできうる限り正確に、その方の場合はどのようになるのかということを丁寧に説明する必要があります。
当院では様々な説明用のツールもご用意していますが、「診断用ワックスアップ」という、もしその方を治療した場合、どのような状態になるのか、というシュミレーション模型を見て頂くこともご提案しています。
特にお口の中全体を治療せねばならないような複雑なケースの場合は尚更です。
これは患者様との情報共有が目的でもありますが、それと同時に我々歯科医師と作り手の歯科技工士が、どのような治療計画で、どのような歯の並びや噛み合わせを作っていくのかという情報共有でもあります。
そしてそのゴールにたどり着いた時、どのような未来が待っているのか、よく噛め、人前で大きな笑顔で笑うことができ、発音がしやすく、食べ物の味が分かりやすく、、、そうなることで、新たな趣味や仕事にチャレンジしたい、第二の人生を楽しみたい、、、、その患者様ごとの隠された想いがあります。
その想いも含めて、一緒に治療計画を立てていくことを、当院では非常に大切にしています。
今回は入れ歯治療と、インプラント治療を含めた総合的な治療計画の方の、治療前治療後のシュミレーション模型のご紹介です。

_DSC0813.jpg
_DSC0115.jpg
_DSC0814.jpg
_DSC0116.jpg
_DSC0816.jpg
_DSC0118.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 13:35| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

おもてなしという言葉の意味について

先日ある職人さんとお話をしていた際のこと、「おもてなし」という言葉の意味について教えて頂く機会がありました。
「おもてなしとは、表がないという事。例えば大切なお客様が自宅に泊まりに来てくれるとなれば、部屋を隅々まで掃除し、布団を干し、トイレやお風呂もピカピカに掃除し、美味しいご飯の用意をし、帰りのお土産の用意まで考える。迎えてもらえたお客様からすれば、そのお日様の匂いがするふかふかの布団も、気持ちのいいお風呂やトイレも、美味しいご飯も、もしかしたら気づかないかもしれないし、その用意もどれだけ大変だったかもわからない。でも『その表に出ない相手を思いやる気持ち』が、おもてなしではないかと、そしてそれこそが日本人が昔から持った素晴らしい文化ではないかと思う。だからこそ、目には見えない準備をとことんして仕事に取り組むことこそが、その相手に対する最大のおもてなしではないかと思う。準備で仕事の8割が決まる。」
というお話を頂きました。
まさに日々の我々の仕事もそうだなと共感致しました。
毎朝表の掃き掃除をし、お一人入られるごとにお手洗いを掃除し、毎週月曜日には新しい生花をご用意し、歯医者の恐怖感を軽減するためにアロマの香りや、インテリア、待合室の雑誌のセレクトにこだわり、より良い治療を求めて、全ての器具道具の準備や滅菌消毒をし、週末は勉強会に参加し、、、、、
その全ては「準備」です。
これからも、より良い治療と「おもてなし」を志して、スタッフ一同精進して参ります。

_DSC0169.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 18:14| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

精密歯科治療にこだわる理由について

当院の歯科治療は、「精密」という言葉を大切にしています。
虫歯治療や歯周病治療などの一般歯科治療は全てマイクロスコープにて診療し、セラミック治療や入れ歯治療においては専門技工士と綿密な協力関係を大切にしています。
また、1日5名限定、一人貸切、全てドクター対応、というお約束の元に日々の診療を行なっております。
なぜ「精密」にこだわるのか、、、基本的に日々の歯科診療の中で行なっている「治療」と呼ばれるものは、そのほとんどが「再治療」だからです。
虫歯の取り残し、歯石の取り残し、入れた被せ物や入れ歯の適合が悪い、形や色や噛み合わせが悪い、などなど、そのほとんどがやり直しです。
よく初診の患者様が仰ることですが、「治療したところから悪くなるんです」これが全てを物語っていると思います。
その為、当院ではできうる限り「やり直し」のない、長期間安定した治療結果を求める為、全ての治療を丁寧に時間をかけて、じっくりと行なっております。
今回は前歯4本のセラミック治療の治療前後の写真とレントゲン、型取りのステップをご紹介致します。
歯と被せ物の適合の変化だけでなく、色や形の大きな変化を感じて頂けると思います。

DSC_0044.jpg

上の前歯4本の治療前の状態です。色や形の問題だけではなく、歯との適合が悪い状態です。
_DSC0529.jpg

古い被せ物と中の金属の土台を除去し、グラスファイバーの土台に置き換え、精密な被せ物の型取りができる準備をしています。
_DSC0615.jpg
_DSC0619.jpg

歯と被せ物の適合を精密なものとするため、シリコン印象材で明確な型取りを行います。
_DSC5372.jpg
_DSC5374.jpg

出来上がった4本のセラミックの被せ物をセットしたところです。色や形の改善だけではなく、歯との適合も向上しております。
_DSC1519.jpg
_DSC1526.jpg

治療前のレントゲン写真です。治療前は、歯と被せ物の間に隙間があることがわかります。
0000001008__IntraOral_20160505121123.jpg

治療後のレントゲン写真です。治療後は、術前と異なり、歯と被せ物の間の隙間がなくなり、緊密に適合していることがわかります。
0000001008__IntraOral_20170622110359.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 18:10| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

咬合認定医コース第二回に参加致しました

先週末の二日間、咬合認定医コースの第二回目に参加して参りました。
二日間みっちり、噛み合わせのことや顎関節、咬合器(噛み合わせを診る機械)のハンドリングについて指導を受けました。
講師の稲葉先生所有の、まるで歯科の博物館のような貴重な咬合器のコレクションと、そしてその歴史やその機構の分類を学び、実際の患者様の口腔内をどのように咬合器上に再現し、その咬合器上でどのように診断をするのかということを詳しく学んできました。
「木を見て森を見ず」という言葉は常に意識をして仕事をしておりますが、「木を見て森を見て、そして山を見なさい」というご指導がとても印象的でした。
早速日々の診療に生かし、より精度の高い診断を行なっていきたいと思います。

IMG_4368.jpg
IMG_4369.jpg
posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 19:00| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

精密入れ歯治療におけるリハビリテーションの重要性について

当院では入れ歯治療におけるリハビリテーションの重要性を患者様にご提案しています。
入れ歯治療のゴールというのは、最新の治療技術や材料を駆使して、経験あるドクターと技工士が素晴らしい入れ歯を製作すれば、全て上手くいくというものではないと考えています。
もちろん短期間で回復していかれる方がほとんどではありますが、やはり回復には個人差があります。
長期間入れ歯で悩まれておられる方、また自身の歯がついに全てダメになってしまって入れ歯治療を考えざるを得なくなってしまった方、というのはその噛めない、飲み込めない、発音できない、笑うことができない、という異常な状態で長い間我慢して過ごされています。
つまり顎の関節の可動域も減少し、位置もずれ、噛む筋肉も弱り、唾液も出なくなり、正確な発音ができるような舌の筋肉も衰え、他人に歯を見られないようにお顔の表情筋も常に強張らせておられます。
そのような方に最高の入れ歯を作ったからといって、その日から全てがリセットされるというのはなかなか難しいのではと考えています。
入れ歯とは「義歯」、つまり「義手」「義足」と同じ、人工臓器です。
我々歯科医療従事者がより良い入れ歯制作をするとともに、患者様にも様々なリハビリテーションをご提案し、その総合的なアプローチによって真の意味の入れ歯治療のゴールを目指しています。
当院では治療用のリハビリテーション入れ歯によって、痩せ細ってしまった噛む筋肉の回復や、固まってしまった顎関節の可動域の回復を行いつつ、表情筋や舌筋のストレッチや体操、唾液腺マッサージ、摂食・嚥下に必要な筋肉を促すような筋肉トレーニングの器具など、その方その方によって、様々なご自宅でできるトレーニングのご提案を同時に行なっております。

_DSC2931.jpg
_DSC0057.jpg
_DSC0200.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 14:03| 兵庫 ☀| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

精密歯科治療における担当歯科技工士の重要性について

週が明け、受付のお花も新たに気持ちの良い小春日和が続いています。
今回は精密歯科治療における担当技工士との協力関係についてお話ししたいと思います。
通常の歯科治療においては、歯科医師が虫歯治療や入れ歯治療を行う際に印象(型取り)と噛み合わせの採得を行い、それをそれぞれの担当技工士にお願いして補綴物(被せ物や入れ歯など)を制作してもらいます。
このシンプルな流れの中にどれだけの情報量を正確に伝えることができるかが、精密歯科治療の成功にとっては非常に重要です。
例えば当院での入れ歯治療においては、治療の各ステップにおいてかなりの量の写真を撮影し、必要な情報のコメントを担当技工士に送り、時には電話し、時には直接ミーティングを行い、その方その方の顎の状態や噛み合わせ、何を悩んで当院に来られたのか、どのようなゴールに向かって治療を進めているのか、全て共有していきます。
また治療の大切なステップにおいては、直接治療に立ち会って頂き、実際の患者様とお会いしてその方のご要望や思い、お人柄に触れ、その上で実際のお口の中がどうなっているのか、型取りや写真では伝えきれない情報を共有化していきます。
縁の下の力持ちの存在で、まだまだ日本では歯科技工士の重要性の認知が低く感じますが、当院では歯科医師と歯科技工士の綿密な情報共有と技術力の掛け算こそが、患者様の真の満足度に繋がると考えています。

_DSC0845.jpg
_DSC0853.jpg
_DSC1014.jpg
_DSC1016.jpg
_DSC1105.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 09:40| 兵庫 ☁| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

顎関節症に対する噛み合わせの診断について

当院では噛み合わせの治療や、顎関節症に対する治療を積極的に行なっております。
顎が痛い、音がなる、口が開きづらい、またそれに伴って、肩こりがひどい、など顎関節症には様々な症状があります。
頬杖やうつ伏せ寝などの不良習癖もその原因の一つだとは言われていますが、基本的な原因は噛み合わせである場合が多く、精密な噛み合わせの診断が必要になります。
先日お越しになられた患者様で、数週間前から突然右の顎が「ブチブチ」と音がなり始め、怖くなって当院にお問い合わせを下さった患者様がおられました。
顎関節のレントゲンやCTスキャン、フェイスボーという上顎の位置の骨格計測を行い、「中心位」と呼ばれるその方の顎関節の適正な位置を計測する診断を行いました。
筋肉の緊張が著しく、温熱療法や、筋肉のマッサージを行いながら、適切な顎の位置を探しました。
これを咬合器と呼ばれる顎の動きを再現する機械に装着し、その方の噛み合わせを精密に診断していきます。
顎関節症もひどくなると、顎の問題だけではなく、全身的なバランスの崩れから、様々な症状が出てまいります。
できうる限りの早期の治療をお勧めしたいと思います。

_DSC0979.jpg
_DSC0985.jpg

posted by KINOSHITA DENTAL OFFICE at 19:15| 兵庫 ☔| 審美歯科 精密入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする